保険の必読バイブル!

アスペルガーADHDの子育ての悩み

2015-02-09

運動能力が不足しているのは、努力をしていなくてですか? 運動能力が不足しているのは、発達性協調運動障害という障害があるからです。

一般的な応援、「頑張れ」などの言葉が、むしろ負担になる場合があります。

本人の努力だけでは、どうすることができないことです。

課題のレベルを下げると同時に発達段階に応じた指導をする必要があります。

発達障害児の特性を知らない人が見れば、 親の過保護やと干渉のため、子供がそう行動するとみられる場合があります。

他人との対人関係をどのようにすればよいか分からない子供たちは、 不安を感じるので、自分を守ってくれることができる人に依存してしまう傾向があります。

アスペルガー症候群の子供たちは、言語的な遅滞がなく知能も全く問題がないように見えるので、障害と考えている人はほとんどいません。

しかし、ほとんどの親は、自分の子供の問題に精通しており、将来不便なく社会生活をすることができたらという悩みを持っています。

障害に対する無知から「他の子供たちとは少し異なっているので、学校や社会に適応できない家族」や 「情緒や行動の問題は、家庭環境や養育に原因があると考えている社会の認識」の悪循環を壊さない限り、 問題は解決することができないと思います。

発達障害「アスペルガー障害」とその診断方法とは | ADHD、多動性障害、アスペルガー等子育ての悩みを解決「キッズハグ」

所得補償保険を使うか使わないか

2014-02-27

所得補償保険を利用するか、しないかは、所得がどれくらいあるかに依存していることになります。

ある一定以上の所得があるひとは、やはりそのような類の保険に入るとリスクヘッジの方法としては、非常にいいと思います。

所得補償保険にも言えることですが、保険料というのは、しっかりと算出がされているので、元を取ろうとするのは、危険です。

ただ、聞いた話によると、保険会社は赤字覚悟で行なっている保険もあるそうです。

これは、ある種、存続するために赤字産業を維持するみたいな不思議な構図になっているように感じられます。

実際に、赤字の分野がどこなのかということを明示は避けたいですが、みなが知りたい情報でしょう。

実は、所得補償保険というのは、赤字なのです。

とは、行かないです。

赤字分野はもっと身近な自動車保険です。

断トツの赤字部門を誇っており、自動車保険を導入している企業は、どこもその部署は赤字なのだそうです。

所得補償保険のような手堅い保険は、その赤字部門の引き取り手のような存在なのです。

しかし、なぜ赤字分野の自動車保険の保険料は上がらないのでしょうか。

自動車保険は、あまりにも身近な分野のため、意外と知られていないのです。

そして、身近故に保険料を上げてしまうと売れなくなってしまうので、上げられないという負のスパイラルに陥ってしまっているのです。

事故のおこしやすい自動車保険は、保険としては辛いのだろうなとおもってしまいます。

お墓の墓石の価格の差は、何の差になるのか

2012-02-06

今回墓石の購入にあたり、集めたカタログに片っ端から目を通してみた。まず墓石の種類の多さに驚いた。私の中の墓石の色イメージは当然よく見る一般的なねずみ色だ。ところが、カタログには、赤、ピンク、黒、緑、白と本当にいろんな色があった。特に赤でも、かなり渋い感じの赤色なので、墓石にすると落ち着いた感じにとてもお洒落な印象だった。当然価格も異なり、色によって価格が違うというより、石の材質や採掘した場所で価格が決まっているようだった。

墓石の形もよくある縦書きの「鈴木家」のようなタイプから、何かの記念碑のような横長のタイプもある。また、漢字で名前を記載せず、英文字の墓石も写真にあった。他には、墓石と同じ石で作った動物やアニメのキャラクターの石像を横に据えているものもある。生前故人が好きだったものを墓石と同じ素材で作り一緒にお墓に添えるのだろう。当然だけど、本来の墓石以外に附属の物が増えるとお墓の方が価格が上がる。お墓の造りがこったものになれば、当然それだけ価格も上がるのだ。

そして、お墓は屋外にずっと設置されるのだから、風や雨など気候の変化に強いものが良い墓石とされる。何より硬いことが重要で、硬度の高い石ほどやはり丈夫な石として価格が上がる。あわせて、見た目も墓石自体の石の模様が細かいものほど目が詰まっていて緻密で丈夫な良い墓石となる。墓石は水を吸い込むものもダメとされている。吸水率が高いと墓石に雨でひびが入ったり、コケなどが生えやすくなるのだ。硬くて水をはじきやすく、模様の細かい墓石ほど価格が高くなるということである。

所得補償保険の注意点

2011-03-26

所得補償保険とは病気や怪我で働けなくなった場合に、保険金として設定した一定金額を月額で受け取れるという保険である。

所得補償保険と医療保険を組み合わせて提案されることあるようだが、充分に理解したうえで加入をするかどうか判断するとよいだろう。

ちなみに、日本ではあまり馴染みがないようであるが、アメリカではかなりメジャーな保険となっているようである。

日本ではまだまだ一般に知られていないと言っていいのだろう。




所得補償保険に入ることを検討するのであれば、まず自分の会社の福利厚生などを調べてみると良い。

サラリーマンであれば、傷病手当金という制度がある。

一方、サラリーマンでない人であれば、傷病手当金という制度がないため、所得補償保険は魅力的に映るのではないだろうか。

自営業者の場合は自分が全てである。

自分に何かあったときに、しっかり生活できていけるように準備しておかなければならないと考える場合には所得補償保険はむいているだろう。




ただし、所得補償保険にも気をつけなければならない点がある。

それは、更新制であるということだ。

短期の場合には1年や2年で、長期の場合でも5年である。

当然、更新のたびに保険料は上がっていく。

そして、更新のたびに告知が必要となる。

所得補償保険の考え方としてはいつまでも加入するというよりは貯蓄が貯まるまで一時的に加入する方が良いだろう。

保険料が割高になってしまって、生活を圧迫するようでは加入する意味がないということだ。

秋葉原アルバイト募集

2010-12-29

秋葉原アルバイト募集と聞くと、たくさんありそうな感じがしませんか。

交通の便もよく、また、大きい駅なので、たくさんの利用者がいる中、秋葉原アルバイト募集は、毎年いろいろな形で募集をしているイメージが強いですね。

秋葉原と聞くと、オタク系や、アイドル系、または、電化製品のイメージを思い出しますね。

昔は、電化製品のイメージが強かったかと思いますが、ここ数年前から、オタクや、アイドルといった喫茶店等も増え、年々進化していく街ですよね


そんな秋葉原でのアルバイトは、若者中心の街でもあり、または、昔と変わらず、中高年の方も利用する街でもあり、秋葉原が好きな方にとっては、そこでのアルバイト等をいちばんにしたいところでもありますね。

電化製品の好きな方は、いろいろな各電化製品の店舗があるので、駅の近く等を就職に選ぶ方や、または、自分が利用している電化製品のお店等で働く方、いろいろとアルバイト先は、たくさんある感じで、好きなところで、働けるのは嬉しいことですね


また、秋葉原での勤務は、交通機関も便利で、JRや地下鉄、そしてバス等、たくさんの乗り入れがある都市でもあり、勤務地から少し遠くても、利用しやすい駅ではないかと感じるのですが、そんな今は若者の街になりつつ、秋葉原アルバイトは、若者にとってどんどん勤務していく方が多くなるような気がいたします。

その他にも、オフィス街でもあり、ビルも駅周辺は建ち並ぶなかで、利用客も多く、駅中商店街もできると、更に、アルバイトの募集は増えそうですね

引き締めが厳しくワンルームマンションを購入しての投資が困難に

2010-12-17

金融機関は、個人の不動産投資家に対する融資を引き締める傾向になっています。

ワンルームマンションを購入してマンション投資を行っている人は多く、年金の制度や雇用に対する不安もありますが、株式などの他の投資商品の利回りが低迷していることも関係しています。

そのため、これからも不動産投資に強い関心を持っている人や興味を持つ人が増えていくと考えられています。




そこで、金融機関は個人の不動産所得に対しての融資を引き締め始めましたが、このことが不動産投資家にとって大きな逆風になってしまいました。

これまでは、不動産投資用にワンルームマンションを購入しても、全額ローンを受けることができました。

しかし、同じ金融機関でも最近では自己資金の1割程度を頭金として入れるようになったり、自己資金の2~3割を頭金として入れないと融資を受けることができなくなってしまっています。




これからも、金融機関などの融資の引き締めは、さらに厳しいものへとなっていくと考えられています。

ですが、このような引き締めが行われるようになった背景には、不動産投資ブームが過熱しすぎるため、投資の適正にかけている不動産投資家が現れるようになったり、経験の浅い素人の個人不動産投資家を相手に悪質な行為を行う不動産会社が現れたりして、不動産投資に失敗してしまうケースが増えてきたことが挙げられます。

ですから、ワンルームマンションを購入してマンション投資をする場合には、良い物件を良い不動産業者から購入することが需要になってきます。

息子が通った保育所の保育士さん

2009-12-29

私が仕事をしていた為、息子は1歳10か月から、家から歩いて5分の保育所に通っていました。人見知りがなく、朝の別れも泣かずに楽しそうに保育所の中に入っていく息子を見て、こちらが寂しい気持ちになったものです。息子の担任は、男の保育士さんでした。専門学校を卒業したばかりの若い元気の良い保育士さんで、息子も大好きでした。その保育所では唯一の男の保育士さんでした。周りは女の保育士さんばかりで、ちょっと肩身が狭そうでした。


この前、その保育士さんが、保育所の子どもたちと散歩をしているところに、偶然出くわしました。相変わらず元気な様子で、私を見つけて挨拶をしてくれました。私のことを覚えていてくれたことに感激してしまいました。よく考えると、保育士さんの仕事は大変ですよね。朝は7時30分から、夜も7時ころまで、子供たちのお世話をしてくれます。早番、遅番はあるようでしたが、なかなか仕事が終わらず、遅くまで残って作業している所を見かけたこともありました。


私の妹も、保育士の免許を持っていて、結婚する前まで保育所で働いていました。結婚してからも働くつもりだったようですが、少し体調を崩し今は働いていません。でも、元気になったらまた働くつもりだと言っています。子供の成長を見るのは、本当に楽しいそうです。そういえば、息子の担任だった保育士さんも、子供がどんどん成長していくのを見るのが楽しいと言っていました。そういう気持ちの保育士さんと出会えて、息子は幸せだったな、と思いました。